外泊先の宿の確保

最近はペット同伴でもかまわないホテルや宿が増えてきました。車で移動して外泊するなら、どこでペットと一拍を過ごすのかを確保しておくことが大切です。温泉街などではペットショップでは「ペットのホテル」が一匹あたり2、3千円で面倒を見てくれる、という施設もありますし、ホテルの中では手配してくれることもあります。また、車内で休ませるにしても、トイレの問題があるので、ワンちゃんの場合でもちゃんとしつけておくことが大切です。
ペットのホテルに関しては、観光施設では最近が多くなってきており、ホテルに問い合わせると手配してくれることが多いようです。ペットと泊まれるホテルは、インターネットで検索すれば各地域で絞り込みが簡単にできます。ただし、ペットと一緒にホテルに泊まるときにはどこで預かってくれるのか、客室でのほかのお客さんに迷惑にならない、などの管理を徹底しておくことが肝心です。吠えやすいワンちゃんでは他のお客さんの迷惑になるので、ちゃんとしつけておくことが大切です。最近では家族同然としてワンちゃんと一緒に旅行する人も少なくなくなっているので、せっかくなら外泊を楽しむ、という観点から一度検討してみてはいかがでしょうか。

ドライブ用のグッズの種類

惑星犬を飼っているという方は車で犬と一緒にドライブに行きたいと考えている方も多いのではないでしょうか。ペットというのは家族の一部です。せっかくドライブを楽しむのにペットだけおいておくというのはさみしいものがありますよね。しかし、車にペットを載せるのは危険だと考えている人も多いと思います。そういったときのために今では様々なペットを車に乗せるためのグッズが出ているのです。たとえば犬用のシートなどです。犬がしっかりと車に乗ることができるように犬のための専用シートなどが登場しているのです。生身で載せるのが怖いという人は車に乗せるためのキャリーなども登場しています。これにはいろいろな種類があるので、犬の種類などに合わせて選ぶことが可能となっています。このようにしてしっかりと準備しておけば犬と一緒にドライブというのはできるようになるのです。もちろんそのためには道具以外にも準備をしておく必要があります。犬によっては車そのものを怖がってしまうということがあるのです。なので、あらかじめ車に慣れさせておくということが重要になります。また、犬も車酔いをすることがあるので、そういった対策をしていく必要があるのです。

便利なキャリーバック

旅行先でさらに他の公共機関で移動することがあるなら、小型犬や猫ようのキャリーバックが便利です。もちろん、ドライブの最中に運転中にどこか車内を移動するということがないので、一緒にドライブを楽しむというのであれば、十分に移動面でも自由度を増やすことができます。キャリーバックは、ペットの専門店などで販売していますが、それほど費用も高くなく、おおよし5千円程度で購入することができます。通信販売などでも販売していますし、インターネット上でも注文することができるので、比較的自由度を持って購入することができます。雷キャリーバックのよいところは車内であれば、犬の毛が座席についてしまう、という状態を避けることができることになります。また、車内でも運転中にストレスを感じるワンちゃんなら逆にキャリーバックの中にいたほうが外界との移動などの風景や余計なストレスを感じることがないので安心です。移動先で車が停車しているときだけにスキンシップを保つようにすれば、比較的快適な交流を持つことができます。ただ、タイプを選ばないと、いろいろと移動先で行動の自由を持つことができるので、ぜひキャリーバックを活用してワンちゃんとのドライブを楽しんでみてください。

ハーネスで車外の散歩を

ハーネスがあると、車外で散歩するときに便利です。小型犬から大型犬まで散歩をするときにはできる限り負担が大きくならないように注意を払うことが肝心です。この対応を誤ってしまうと、ペットがストレスを抱え込んでしまうことになるので、なるべく車よりはワンちゃんに負担が少ないハーネスを使ってドライブのときは散歩をすることをお勧めします。ハーネスはおおよそ小型犬のものであれば3000円程度、中型犬であれば5000円程度で販売されています。ワンちゃんにとっては首輪と違って拘束感がないので、比較的散歩のときなどに自由度を感じられますし、小型犬の場合には興奮して急に走り出したとき、首に負担がかかることを減らすことができます。比較的自由に散歩させるならハーネスのほうが旅行先でも負担がありませんし、小型犬であれば、自由に散歩させても失そうしてしまうということがあります。どうしても旅行先では物音やアクシデントで驚く、中型件や大型犬になるとほかの人との兼ね合いもあるので、きっちりと管理していないと、ペットの管理上が問われてしまうこともあるので、なるべく管理できるようにしておくことがお勧めです。ぜひ、無理のないように管理してください。
木の実

適度に休憩を

ワンちゃんとドライブをするときは、適度に休憩や散歩を効果的に取り入れましょう。盲導犬のように訓練されている犬であれば、初めての場所でもあまり精神的な負担になりませんが、小型犬にとっては長距離ドライブは初めてみることばかりなので、ほかのことが負担になってしまいます。なるべく飼い主がスキンシップを取るようにして、負担を軽減できるようにしておくことが大切になります。
このあたりの対応は、意識していないと、なかなか時間を取れないことになってしまい、ペットに過剰に負担をかけてしまうことになります。なるべく意識して適度な休憩な時間を取るようにしておけば、飼い主としても安心して旅行を楽しむことができます。休憩のポイントとしては、長距離ドライブであれば、1時間程度ゆっくりととって、運転を開始するまえにえさをあげるようにしてください。なれないワンちゃんだと、食べたすぐに運転を開始すると吐き出してしまうことがあるので、注意が必要です。また、餌はドライブのときは少し少なめにして胃の負担を少なくしておくとよいでしょう。一泊するときには、ちゃんと寝床を確保してあげないと翌日、ストレスをためてしまい、抜け毛などの原因になってしまいます。

準備で快適に

最近ではペットを飼っているという方は増えてきているのではないでしょうか。特に犬を飼っているという人は多くいると思います。そういったときに犬と一緒にドライブを楽しみたいと思ったことはありませんか?せっかくドライブに行くのに犬だけ留守番をさせるというのは少し可哀そうですよね。最近では車に犬を載せるためのグッズなども実は多く登場しているので、そういったものを利用することで、簡単に犬と一緒にドライブを楽しむことができるのです。当たり前ですが、そのまま犬を車に乗せるというのは危険です。しっかりと事前に準備をしておく必要があるのです。犬を車に乗せる方法としては犬のためのシートを購入したり、車に乗せるキャリーなどを用意したりと道具などが必要になるのです。こういったものはいろいろな種類があるので、犬の種類に合わせて購入するようにしましょう。また、犬によっては車を怖がってしまうこともあります。あらかじめ車は怖くない場所だということを慣れさせておく必要があるのです。載せるときにはトイレなどはしっかりと済ませておき車酔いなどの対策もしておく必要があります。このようにしてしっかりと準備をすれば犬とのドライブを楽しむことができるのです。

ワンちゃんの車酔い

人間が車酔いをするのはよく知られていることですが、ペットも動物ですので当然ながら車酔いをすることがあります。小型車に乗せているときや、長距離ドライブのときに、そのような傾向があり、急にペットの場合には吐いてしまい車内を汚してしまうことがあります。人間であれば、事前に自分で意思を伝えることができますが、ペットの場合にそのようなこともできないために、急に何か食べた物を吐き出されてしまう、ということになりかねません。
対策としては、まずなるべく短距離から車に乗せることをならして、車への抵抗感や負担を少なくすることです。急に長距離ドライブはワンちゃんにとっても予想以上にストレスになってしまい、車酔いとストレスが重なってしまい、食べ物を吐き出す、ということにつながってしまうことがあります。また、最近では獣医さんがペットの車酔いどめということを処方してくれることもあるので、事前に相談してみることもオススメです。また、乗車前になれないうちは餌をあげない、ということで胃への負担を小さくすることができます。このあたりの対応は意識していないと、すぐに食べ物の負担が直接、発生してしまうので気をつけるようにしてください。

シートの毛のよごれに注意

ワンちゃんとドライブを楽しむときには注意しなければならないのは「抜け毛」の点です。シートに付着してしまうと、なかなか取れないばかりか、雑菌やダニなどの原因になってしまうので、意外と清掃に時間がかかってしまうことがあります。飼い主がちゃんと教育すれば、ボックスシートの中でちゃんとおさまることもできるお利口なワンちゃんもいますが、放し飼いにしていると、春や秋など毛が抜けて生え換わるシーズンであると、当然ながらシートが汚れてしまうことが顕著になってしまいます。}PgžxQ
そのようことが無いように、大型犬用の場合にも、座席全体を覆うシートタイプもペット用に販売されているので、それを利用するのが便利です。座席にかぶせるだけで脱着が簡単で便利ですし、清掃も簡単にシートを洗濯することができるので、汚れの心配がありません。特に車内を汚したくない人でペットとドライブを楽しみたい人にはオススメです。価格はおおよそ1万円程度で、カー用品店、ペットの専門店、インターネットのショップなどで購入可能です。車種によって若干シートにマッチするサイズが違うので、事前に大きさと汎用性を確認しておくのがお勧めです。座席の毛の汚れが気になる人は、こまめに手入れしないと、すぐに毛だらけになるので要注意です。

指定席を用意

}PgžxQ長距離ドライブはわんちゃんにとって負担になることがあります。車にならせるのであれば、まずは指定席を用意することです。小型犬であればペット用の座席が用意されているので、そこに乗せてドライブをするほうが確実にストレスを小さくすることができますし、車内で犬の毛などの問題を減らすことができます。指定席は、小型犬の場合には後部座席の座席の下に設置することができる、かご状の犬用の座席が販売されており、そこにワンちゃんが入れるようになっています。「ペットドライブボックス」というジャンルでカー用品店やインターネットのショップなどで販売されており、大型犬用になると座席を1席以上のスペースを取ることもあります。また、ペット用のドライブシートもあるので、シートの上にさらにワンちゃん用のシートを設置するような形式で、そこを固定の席として載せることができます。犬はしつけをすれば、比較的人間の指示に従うので、その場所を固定席として使うことができる、という点があります。ただし、車内で飼い主がちゃんとしつけをしないと放し飼いのような状態になってしまうと、小型犬では自由に席の間を移動してしまうことになるので、非常に不便なことになってしまいます。