ワンちゃんの車酔い

人間が車酔いをするのはよく知られていることですが、ペットも動物ですので当然ながら車酔いをすることがあります。小型車に乗せているときや、長距離ドライブのときに、そのような傾向があり、急にペットの場合には吐いてしまい車内を汚してしまうことがあります。人間であれば、事前に自分で意思を伝えることができますが、ペットの場合にそのようなこともできないために、急に何か食べた物を吐き出されてしまう、ということになりかねません。
対策としては、まずなるべく短距離から車に乗せることをならして、車への抵抗感や負担を少なくすることです。急に長距離ドライブはワンちゃんにとっても予想以上にストレスになってしまい、車酔いとストレスが重なってしまい、食べ物を吐き出す、ということにつながってしまうことがあります。また、最近では獣医さんがペットの車酔いどめということを処方してくれることもあるので、事前に相談してみることもオススメです。また、乗車前になれないうちは餌をあげない、ということで胃への負担を小さくすることができます。このあたりの対応は意識していないと、すぐに食べ物の負担が直接、発生してしまうので気をつけるようにしてください。

コメント

コメントを受け付けておりません。