適度に休憩を

ワンちゃんとドライブをするときは、適度に休憩や散歩を効果的に取り入れましょう。盲導犬のように訓練されている犬であれば、初めての場所でもあまり精神的な負担になりませんが、小型犬にとっては長距離ドライブは初めてみることばかりなので、ほかのことが負担になってしまいます。なるべく飼い主がスキンシップを取るようにして、負担を軽減できるようにしておくことが大切になります。
このあたりの対応は、意識していないと、なかなか時間を取れないことになってしまい、ペットに過剰に負担をかけてしまうことになります。なるべく意識して適度な休憩な時間を取るようにしておけば、飼い主としても安心して旅行を楽しむことができます。休憩のポイントとしては、長距離ドライブであれば、1時間程度ゆっくりととって、運転を開始するまえにえさをあげるようにしてください。なれないワンちゃんだと、食べたすぐに運転を開始すると吐き出してしまうことがあるので、注意が必要です。また、餌はドライブのときは少し少なめにして胃の負担を少なくしておくとよいでしょう。一泊するときには、ちゃんと寝床を確保してあげないと翌日、ストレスをためてしまい、抜け毛などの原因になってしまいます。

コメント

コメントを受け付けておりません。