指定席を用意

}PgžxQ長距離ドライブはわんちゃんにとって負担になることがあります。車にならせるのであれば、まずは指定席を用意することです。小型犬であればペット用の座席が用意されているので、そこに乗せてドライブをするほうが確実にストレスを小さくすることができますし、車内で犬の毛などの問題を減らすことができます。指定席は、小型犬の場合には後部座席の座席の下に設置することができる、かご状の犬用の座席が販売されており、そこにワンちゃんが入れるようになっています。「ペットドライブボックス」というジャンルでカー用品店やインターネットのショップなどで販売されており、大型犬用になると座席を1席以上のスペースを取ることもあります。また、ペット用のドライブシートもあるので、シートの上にさらにワンちゃん用のシートを設置するような形式で、そこを固定の席として載せることができます。犬はしつけをすれば、比較的人間の指示に従うので、その場所を固定席として使うことができる、という点があります。ただし、車内で飼い主がちゃんとしつけをしないと放し飼いのような状態になってしまうと、小型犬では自由に席の間を移動してしまうことになるので、非常に不便なことになってしまいます。

コメント

コメントを受け付けておりません。